マキタ(Makita)のコードレス掃除機を購入!

新居に引っ越しを終えて、掃除機が欲しくてずっと調べていました。
家電選びはいつも難しい。上を見れば切りが無い。

まず自分たちはどの様なものを買うべきか、そして欲しい機能を考えました。
そして結論は「充電式&紙パック式」を条件に色々調べてマキタのコードレス掃除機にたどり着きました。

マキタ makita CL182FDRFW CL182FDRFW 紙パック式

種類が多い

マキタのコードレス掃除機を購入すると決めてからも、マキタの中で種類がたくさんありどれを購入したらよいか迷いそうになりました。

しかし条件は決まっているので絞って行きます。

《1.紙パック式orカプセル式》
紙パック式が良かったので候補は6モデル

CL282FD. CL182FD. CL142FD. CL107FD. CL102D. CL072D

《2.バッテリーの種類》
バッテリーは連続使用時間と吸引力に影響するので1番良い物をと考え18Vのモデルにしたいので下記の2つに絞られました。

CL282FD. CL182FD

《3.予算と必要な機能》
予算があればハイエンドのモデルを購入すれば良いのですが、必要な機能は確保してなるべく安く抑えたいのが本音です。
ブラシレスモータ採用でパワフルモード時に60Wの吸込み仕事率で強力吸引のハイエンドモデル「CL282FD」が必要か?

色々調べてた結果、私たちには「CL182FD」の機能で十分という結論に至りました。

実際使用してみて、やはり我が家の場合「CL182FD」で十分でした。
(フローリングのみ一軒屋)

CL182FDRFW

マキタからは本体のみの「CL182FDZW」と本体+バッテリ+充電器がセットになった「CL182FDRFW」が発売されています。

通常の「CL182FDRFW」内容
本体 + 18V3.0AhバッテリBL1830B・充電器DC18RC付

CL182FDを買おうと決めて価格を検討中に興味深いセット内容の出品がありました。
これはショップオリジナルのセットでバッテリーは通常 3.0Ahでのセットですが6.0Ahに変更した特別セットです。

《特別セット》
本体のみ「CL182FDZW」+ 6.0AhバッテリBL1860B(※雪マーク仕様)+ 新・急速充電器DC18RF(USB充電可能)

《3.0Ahと6.0Ahの比較》

【バッテリ重量】同じ
重さ変わらず連続使用で 6.0Ahの方が一段と長く使用できます。

【連続使用時間】
3.0Ah/強-約20分 標準-約40分
6.0Ah/強-約40分 標準-約60分

【充電時間】
3.0Ah(BL1830B)/約22分
6.0Ah(BL1860B)/約40分
※ 雪マーク付き

決め手は「CL182FDRFW」との価格差があまりないこと。
金額があまり変わらず、これだけのスペックを上げることが出来るので6.0Ahのセットに決めました。

紙パック仕様の不安

紙パック仕様のランニングコストの不安もありました。
そこで追加で購入したのが「マキタ(Makita) サイクロンアタッチメント A-67169」

《サイクロンアタッチメントとは》
細かなゴミを遠心分離&簡単ゴミ捨てクリーナ本体のゴミ捨て頻度約1/6にしてくれるマキタの純正のサイクロンユニットです。
また、本体のフィルターやモーター側の傷みは大幅に軽減します。
目詰まりなく吸引力が持続しますので快適なお掃除が出来ます。

これは、ランニングコストに大きく影響するので購入をオススメします。

コメント